授乳後のバストを美しく保つために

女性の胸は赤ちゃんにおっぱいをあげるためのものです。ですから妊娠した時から胸が張ったりバストが大きくなり、出産直後から母乳が出る仕組みになっています。

出産前はバストの大きさや張りが自慢だった人も、授乳によってバストラインが大きく変わってしまうことがあります。

出産すると赤ちゃんにおっぱいをあげるために母乳がどんどん作られます。赤ちゃんは一日に何度もおっぱいを飲みますから、そのたびに母乳が吸われて、また新しく母乳が作られます。

こうしたことを数ヶ月から数年にわたって繰り返しているうちに、気が付くと胸がすっかりしぼんでいたということになります。

赤ちゃんが成長して食事を取れるようになり、母乳を飲まなくなると、バストはしぼんだまま元に戻らなくなってしまうこともあります。

女性にとってはつらいことですよね。胸がしぼんだためにバストのハリもなくなって、胸が垂れたようになってしまう人がとても多いのです。

健康な赤ちゃんを育てるために母乳が出るのはとても嬉しいことですが、胸がしぼんでしまうのは悲しいものです。

これまで着ていた服も、胸のサイズや形が変わると以前と同じようには着こなせないかもしれません。でも授乳した女性が胸を元の状態に近いところまで戻す方法が無いわけではありません。その心強い味方となってくれるのが補正ブラジャーです。

補正ブラジャーは普通のブラジャーと比べて、バストを持ち上げてくれる働きが強いのです。そのため物理的に垂れてくるバストを下着の力で持ち上げることができます。

乳房に含まれている脂肪はとても柔らかく流動的なので、しっかりと支えてあげれば思うような位置に戻ってくれるのです。

起きている時だけではなく、寝ている時もナイトブラを付けると効果的です。自然にまかせているとどんどんバストは下垂していってしまいますから、下着のパワーを借りてバストを少しでも持ち上げるようにしましょう。

子育て中はとても忙しい時期ですが、張りのあるバストを維持するために、授乳が終わったら補正下着を着けるようにしましょう。

ページの先頭へ