正しい姿勢でバストアップをめざす

日本人は猫背の人が多いですが、姿勢が胸のサイズに与える影響が大きいことをご存知でしょうか?

姿勢に気をつけていないとすぐ猫背になってしまう人は多いと思います。また自分に自信を持てず、なんとなく気持ちが内向きになっている時も猫背になりやすいのです。

姿勢が悪く猫背になっていると、バストも小さく見えてしまいます。また大胸筋の発達を妨げてしまうので、胸が発達する機会が失われてしまうのです。猫背になっても何も良いことはありません。

さらに背中が丸まっているだけではなく、姿勢が悪い人は片方の肩が下がっていることが多いです。この状態では胸の発達も偏ってしまい、左右が非対称になってしまうのです。左右の胸のサイズが不均衡という方は、姿勢に問題があるのかもしれません。

猫背にならないように気をつけて、正しい姿勢をとるように心がけると、胸が小さい人もバストアップする可能性があります。

正しい姿勢というのは気合を入れてピントした姿勢をとることではありません。実は体に負担がかからず、長時間同じ姿勢をとっても疲れにくくなるのです。

どうすれば良いかというと、立った状態で腰がそるように力を入れてみて、そこから少し力を抜いてみるのです。この状態ですと無理な力が加わらず、体が安定します。

そして見た目にも美しい立ち姿となっているはずです。このように正しい姿勢をとることを常に心がけていると、胸も自然に発達していくのです。

また歩き方も重要です。歩き方が美しい人というのは膝から動くものです。歩く時も猫背にならないように気をつけましょう。

とくにヒールが高い靴を履く人は、猫背になったり腰がそってお尻が突き出るような姿勢になることがあるので注意が必要です。

バストアップのために補正下着をつけたりマッサージをしている方も、姿勢が悪くてはバストの発達を妨げてしまうので、日頃から姿勢には十分に気を付けるようにしましょう。

正しい姿勢でいると自分に自信を持つことができますし、周りからの評価も変わってくると思います。

ページの先頭へ