そのバストアップ法、間違ってるかも?

豊かでキレイな胸は女性の憧れですね。 胸の大きさや形の好みは様々だと思いますが、女性は誰でも大きくしたいと思います。

小さな胸だと感じている方は特に豊かな胸にあこがれ、 バストアップに励んでいる方も多いと思います。

しかし間違った方法でバストアップに励むと、大きくなるどころか反対に小さくなってしまったり、形が崩れて大変な思いをする場合があります。 上手にバストアップするにはどのようにすればよいのか見て行きましょう。

まず、よく思われがちな胸を揉む方法ですが、胸をもんでも大きくなることはありません。 胸はほとんどが脂肪です。お腹の贅肉をもんで大きくなることが無いのと一緒で、 胸の脂肪をもんでも大きくなることはありません。

胸を揉むことは脂肪に刺激を与えます。 そのため脂肪が分解され押し流されます。 ということは、脂肪が無くなり胸が小さくなることに繋がります。

また、胸にある筋肉の大胸筋を鍛える方法もよく聞かれます。 しかしこれは胸にある脂肪が筋肉になることもあるため、あまりお勧めできません。

彼に揉んでもらうと大きくなる。といったこともよく聞きますね。 これはどういったことかというと、好きな人が胸を揉むことにより女性ホルモンが分泌されてきます。 そのため女性ホルモンの関係で胸が大きくなる場合があるという事です。

このように女性ホルモンの活性化は胸を大きくするポイントになります。 女性ホルモンを効率よく分泌させるには、よくサプリメントがあげられます。

プエラリアという成分をご存知でしょうか。 プエラリアは女性ホルモンの働きをよくしてくれる成分で、 この成分が含まれたサプリメントが多く販売されています。

しかしこのプエラリアは賛否両論で、女性ホルモン以外のホルモンが低下するとも言われています。 そのようなことからサプリメントの摂取はリスクがあります。

安全に女性ホルモンを活性化させるには普段の食事から気をつけると良いでしょう。 女性ホルモンの働きを良くするにはやはり、大豆イソフラボンが関係してきます。

大豆イソフラボンは大豆に含まれており、納豆や豆腐、豆乳などに多く含まれます。 これも過剰摂取に気をつけなければなりませんが、健康にバストアップにつながる成分ですので大変お勧めです。

このように、サプリメントなどの方法よりも自然のものを少しずつ食生活に取り入れて、女性ホルモンの活性化を目指すことが正しく美しくバストアップできるコツだと言えるでしょう。

ページの先頭へ